吹田市のときざね矯正歯科ではデーモンシステム、リンガルシステムなど最新の矯正治療をとりいれ、レベルの高い治療をしています。

クリアアライナー

見えない矯正装置クリアアライナー

今までにない画期的な技術により「目立たない」「取り外しできる」「違和感が少ない」矯正が可能になりました。

クリアアライナーとは、ブラケットやワイヤーを使わない、透明なラミネートで製作されたマウスピース型の、最新の見えない矯正装置です。透明なので治療中もまったく目立たず、食事時に取り外せるなど、患者様にとって大きなメリットをもたらしています。製作過程にコンピューターを使用して製作される、正確でかつ画期的な矯正装置です。

ブラケット装着時
ブラケット装着時

orth_aligner_arrow.gif

クリアアライナー装着時
クリアアライナー装着時

 

従来の矯正はブラケットを使用しておりましたが、クリアアライナーで治療すると目立たないため、矯正治療していることに気がつかれません。

実際のクリアアライナー/治療例

クリアアライナーは、ボンディングアプライアンスを好まない人になによりの朗報です。また、クリアアライナーは矯正における後戻りのフォローアップに大変効果的でもあります。金属アレルギーの方にもおすすめです。クリアアライナーでは、目立たないということだけではなく、大人やお子様にあった矯正歯科治療(カウンセリングを含めて)を行ってまいります。

クリアアライナーのメリット

目立ちにくい

従来の金属の矯正装置とは違い、クリアアライナーでは透明な矯正装置を使用しますので、笑っても目立たず自然に笑うことが出来ます。

取り外しができる

食事も、歯磨きも矯正装置を取り外して行うことが出来ますので、日常の生活とほとんど変わりありません。子供に従来の矯正を行うと、歯を磨くのに長時間かかり、歯を磨くのがめんどくさくなり、虫歯が増えるといった悪循環に陥りがちです。その為、取り外しの出来るクリアアライナーで治療することは、予防の観点から見ても特にお子さんの治療にあっています。

目立たない保定装置

矯正歯科治療に使っているクリアアライナーを保定装置としてそのまま利用しますので、再度新しい違和感が生まれることはありません。

同時にホワイトニングができる

クリアアライナーでは常に装着している矯正装置を利用してホワイトニングを行うため、刺激のごく少ないホワイトニング剤を使用することが出来るので、体への心配もありません。

違和感が少ない

違和感は従来のワイヤーを使ったものより断然少なく、発音がしづらいとかストレスによる口内炎もほとんどありません。

抜歯が不要の場合の最適な治療法です

クリアアライナーは抜歯しなくても歯列を並べられる患者さんの場合にはとても有効です。歯が傾いていたり、ねじれているような場合にとても威力を発揮する方法だといえます。

通常の矯正歯科治療の仕上げにも利用できます

歯根の移動などを要する治療に関しては通常の矯正歯科治療にて治療を行い、最後のきれいな歯並びを完成させるための仕上げにクリアアライナーを利用することもできます。

クリアアライナーの治療の注意

 食事中はクリアアライナーを取り外してください。
 食事中以外、睡眠時間も含め1日17時間は装着してください。
 クリアアライナーは透明で薄い装置となっておりますので、紛失、変形等には十分ご注意ください。
 クリアアライナーでの矯正が適切がどうか、よく相談の上、実施しましょう。またクリアアライナーは矯正装置ですから、良い結果を出すために正しく取り扱いましょう。

アクアシステムについて

アクアシステムはクリアアライナーと同じ透明なラミネートで製作された矯正装置で、目立ちません。(素材が少し違っています。) 同時にホワイトニングもできます。金属アレルギーの方にもおすすめです。アクアシステムでは、目立たないということだけではなく、大人やお子様にあった矯正歯科治療(カウンセリングを含めて)を行ってまいります。

アクアシステムのメリット

目立ちにくい

従来の金属の矯正装置とは違い、アクアシステムでは透明な矯正装置を使用しますので、笑っても目立たず自然に笑うことが出来ます。

取り外しができる

食事も、歯磨きも矯正装置を取り外して行うことが出来ますので、日常の生活とほとんど変わりありません。子供に従来の矯正を行うと、歯を磨くのに長時間かかり、歯を磨くのがめんどくさくなり、虫歯が増えるといった悪循環に陥りがちです。その為、取り外しの出来るアクアシステムで治療することは、予防の観点から見ても特にお子さんの治療にあっています。

目立たない保定装置

矯正歯科治療に使っているアクアシステムを保定装置としてそのまま利用しますので、再度新しい違和感が生まれることはありません。

同時にホワイトニングができる

アクアシステムでは常に装着している矯正装置を利用してホワイトニングを行うため、刺激のごく少ないホワイトニング剤を使用することが出来るので、体への心配もありません。

違和感が少ない

違和感は従来のワイヤーを使ったものより断然少なく、発音がしづらいとかストレスによる口内炎もほとんどありません。

抜歯が不要の場合の最適な治療法です

アクアシステムは抜歯しなくても歯列を並べられる患者さんの場合にはとても有効です。歯が傾いていたり、ねじれているような場合にとても威力を発揮する方法だといえます。

通常の矯正歯科治療の仕上げにも利用できます

歯根の移動などを要する治療に関しては通常の矯正歯科治療にて治療を行い、最後のきれいな歯並びを完成させるための仕上げにアクアシステムを利用することもできます。

アクアシステムの治療の注意

 食事中はアクアシステムを取り外してください。
 食事中以外、睡眠時間も含め1日17時間は装着してください。
 アクアシステムは透明で薄い装置となっておりますので、紛失、変形等には十分ご注意ください。
 アクアシステムでの矯正が適切がどうか、よく相談の上、実施しましょう。またアクアシステムは矯正装置ですから、良い結果を出すために正しく取り扱いましょう。


リンガルシステム

リンガルシステムは、装置を内側につける見えない治療法。

人に気づかれずに歯並びが治せたら・・・そのようなご要望にお応えできるのがリンガルシステムです。

STブラケット使用による新しいシステムを導入しています。
「歯ならびは治したいけれど、目立つ装置はつけたくない。」という方のためのシステムです。

リンガルシステム

外側から見たところ

リンガルシステムの治療方法

装置をつける歯

当院では、通常上下共に6歳臼歯より前の歯につけます。

糸切り歯より奥の歯には、歯のおもて側につける事もあります。

ご釆院の間隔

原則として、3~4週間毎です。(装置が変わる場合や、装置が壊れたり外れたりした場合は、随時ご釆院して頂きます)

1回の治療時間は30分~60分です。

歯のうら側に装置をつけている為に、調整が難しくその間大きくお口を開いている必要があります。

治療時間が長い為、土曜日や平日の夕方の混む時間帯は、ご予約がおとり出来ない場合が、あります。

治療期間

平均的に2年半~3年位です。

リンガルシステムの特徴

装置の特徴

装置は、通常外から見えません。

毎日の歯ミガキが、難しい。(しっかり磨かないと、歯ぐきが腫れて装置にかぶさってくる→装置の調節時に歯ぐきが痛いです〉

しゃべったり、ものを食べたりする時に、かなりの違和感があります。

歯周痛が進んでいたり、あごの関節の症状がひどかったり、歯に人工物がつめてあったり被せてあったり、ブッリジになっていたりする等の場合は、この装置は、つけられません。

治療の仕上がりが、表に装置をつける方法より甘くなります。

STブラケット使用による新システムと今までのシステムとの違い

ブラケットが小さく丸みを帯びているのでしゃべったりものを食べたりする時に、違和感が少ない。
食べたものがたまりにくく、歯ミガキもしやすいので、虫歯や歯肉炎になりにくい。

治療の初めでは、細いハイテクワイヤー(形状記憶+温度記憶合金で出来ているワイヤー)を使いますので、歯の痛みが少なく、歯の動きがスムースで早い・・治療期間が、少し短くなります。

中学生(12歳臼歯が生える頃)以上の方であれば、原則としてどなたでも本システムで治療する事ができます。(どうしても出来ない方もいらっしやいます)

リンガルシステムの治療費

120万円 
(税込1,296,000円)

※各種カードによるお支払いも受け付けております。お問い合わせ下さい。



デーモンシステム

デーモンシステムは、今、アメリカで最新のテクノロジーによる治療法です。

より良い歯の移動と顔貌の審美のための生理学的に理にかなった歯の移動方法です。

マサツの少ない装置(ブラケット)とハイテクワイヤー(形状記憶と温度記憶合金で出来たワイヤー)を組み合わせて使う、日本でも最新のシステムです。
2001年3月、開発者であるデーモン先生により、日本へ初めて紹介されました。
このデーモンシステムは、従来の矯正治療に、画期的な新風をもたらしてくれたと言えることでしょう。治療期間が短くなり、痛みが軽減される等、患者さんにとって快適な上に、素晴らしい治療結果を得ることが出来ます。

臨床的に証明された利点

DAMON system

治療期間の大幅な短縮

非常に少ないアポイントメント

より優れた治療結果

 

デーモンシステムと従来のシステムの違い

デーモンシステムはここが違います

デーモンセルフライゲーティングシステム:デーモンシステムは動きに自由度があるので、より優しい力でより早い結果が得られます。

デーモンブラケットシャッター式

デーモンブラケットーシャッター式でワイヤーをとめます。
→摩擦がより少なく、ワイヤーのスベリが良い。

※ブラケットとはワイヤーやゴム等により生ずる歯を動かす為の力を、歯に伝えるものです。

治療の初期→中期にかけて使うワイヤーは、形状記憶+温度記憶合金で出来ているハイテクワイヤーです。

…25度以上の温度になると、ワイヤーの弾力が良く働き、かなり無理に曲げられた状態でも、元に戻ろうとする性質があります。


デーモンシステムはこんな「あなた」にオススメです。

  1. 矯正治療中、なるべく痛みが少ない方がいいなあ。
  2. 治療期間が、少しでも短い方がいいなあ。
  3. 仕事や生活が忙しいので、治療に通うのは、出来れば、1ヵ月半とか2ヵ月毎ぐらいだといいなあ。
  4. 親知らずの歯以外の歯は、なるべく抜きたくないなあ。
  5. 歯周病があると言われているけれど、矯正治療大丈夫かなあ。
  6. 矯正治療中は、虫歯になりたくないから、食べものがたまりにくく、歯みがきもしやすい装置(器具)だといいなあ。
  7. どうせ貴重な時間と費用をかけて、矯正治療するのなら、治療結果を、なるべくハイレベルなものにしたいなあ。
  8. 矯正装置(器具)は、多少目だっても構わないけど。

デーモンシステムの特徴

  1. 歯の周りの血液の流れを妨げないような弱い力を使いますので、痛みが少ないです。
  2. 治療期間が短くなります。
    →他のシステムより、平均6.33ヶ月短くなります。
    (参考文献: Clinical Olthodontics and Research 2001;4(4) 228-234)
  3. ご来院回数が少なくなります(原則として、6~8週間毎です)
    →他のシステムより、平均7回少なくなります。(参考文献: 同上)
  4. 一回の治療時間(チェアータイム)が、短くなります。
    但し、装置を変える場合や装置が外れている場合、あるいは壊れている場合は、除きます。
  5. 小臼歯(糸切り歯と6歳臼歯の間の歯)を抜かないで、治療出来る場合が、増えます。
  6. 歯や歯ぐき・歯の周りの骨やあごの関節に対して、優しい装置です。
    →歯周病やあごの関節に問題のある方の矯正治療にも最適です。
  7. よりバランスのとれた口元やお顔の状態を実現します。
  8. 高品質な治療結果が、得られます。
  9. 歯ミガキが比較的容易で、食べたものも溜まりにくい。
    →虫歯や歯肉炎になりにくい。
  10. 装置(ブラケット)は、金属製なので、外観にふれます。



│   TOP   │   HOME   │