吹田市のときざね矯正歯科ではデーモンシステム、リンガルシステムなど最新の矯正治療をとりいれ、レベルの高い治療をしています。

歯並びの種類

不正咬合の種類

不正咬合には大きく分けて1.叢生(ガタガタ歯)2.上顎前突 (出っ歯)3.過蓋咬合4.反対咬合(受け口)5.開咬があります。

叢生(ガタガタ歯 )

ガタガタだと、歯みがきしにくいから、むし歯や歯周病になりやすいですね。歯がカチカチあたって、はぐきがいたみます。

叢生(ガタガタ歯 ) 1
叢生(ガタガタ歯 ) 1

下の前歯の歯ぐきのラインが下がっているのがわかりますか?噛むときに顎を動かして歯がカチカチあたるので、歯周組織(歯ぐきと骨)が減っています。痛そうだしかわいそうですね。

叢生(ガタガタ歯 ) 2
叢生(ガタガタ歯 ) 2

下前歯が重なってます、歯みがきがしにくそうですね。

叢生(ガタガタ歯 ) 3
叢生(ガタガタ歯 ) 3

前歯が重なっています。

叢生(ガタガタ歯 ) 4
叢生(ガタガタ歯 ) 4

八重歯、犬歯の生える場所が足りません。笑うと犬歯にくちびるがひっかかることもあります。

上顎前突(出っ歯 )

いわゆる出っ歯です。
口を閉じにくい→はぐきが乾燥して歯周病になりやすくなります。

上顎前突(出っ歯 )1
上顎前突(出っ歯 ) 1

前歯が出て口が閉じにくいですね 。

上顎前突(出っ歯 )2
上顎前突(出っ歯 ) 2

前歯が出て口が閉じにくいですね 。

過蓋咬合

噛み合せが深く、下の前歯がかくれてみえないような噛み合わせです。
顎を動かしにくいので顎関節症の原因になることもあります。
下の前歯が上のはぐきをかむので歯ぐきが痛むこともあります。

過蓋咬合1
過蓋咬合 1

こんなに深く噛みこむと顎が動かしにくいですね 。

反対咬合(受け口)

噛みにくいです。またサ行の発音がしにくくなります。
上顎は小学校低学年でほぼ成長を終えますので、早く治療を始めてください。
(5歳になったら相談してください)

反対咬合(受け口) 1
反対咬合(受け口) 1
反対咬合(受け口) 2
反対咬合(受け口) 2
反対咬合(受け口) 3
反対咬合(受け口) 3
反対咬合(受け口) 4
反対咬合(受け口) 4

開咬

前歯が噛みあわせていない状態です。
発音が不明瞭になります。
噛みにくいので、顎が疲れやすくなります。

開咬 1
開咬 1
開咬 2
開咬 2



│   TOP   │   HOME   │