吹田市のときざね矯正歯科ではデーモンシステム、リンガルシステムなど最新の矯正治療をとりいれ、レベルの高い治療をしています。

大人の矯正

『矯正は子どもしかできない』と思い込んでいませんか?
確かに成長期にあるお子様(乳歯から永久歯に生え替わるような時期)では、顎の位置を正しい位置に動かすことができる可能性があり、矯正治療を始めるのに最適な時期と言えます。


★子供時期の歯列矯正治療との違い

・矯正力に対する組織の反応が遅いため、歯の移動には時間がかかることがある。
・顎の骨の位置を改善しなければならない症状の場合に、外科的矯正治療が必要になることがある。


★大人の歯列矯正の目的

大人の方は審美的な面での改善を目的として来られることが多いようです。
出っ歯や、受け口、八重歯など、外見を気にして治療を始められます。
お子様の場合、本人の希望よりも周囲の希望が優先されることが多く、せっかく成長期の良い時期に歯列矯正治療を始めたとしても、治療の進み方が悪い場合があります。
しかし、ご自分の意志で、美しい口元を目標に歯列矯正治療に望む大人の歯列矯正治療は、歯みがきや装置の手入れなどにも気を配ることができ、口腔内が良い状態で、効率的に治療が進むことも多いのです。


★審美的な面での改善

大人の歯列矯正を考える方たちの多くは、小さい頃からのコンプレックスが歯列矯正治療への決断をさせたようです。
例えば、出っ歯、受け口、八重歯など。口元を気にして生きてきた自分を変えられる歯列矯正治療。
自分のお金で治療できるということも、やる気を出すことにつながります。
これまでの自分と決別し、口元を気にすることなく笑える、前向きな自分に変わりたいという方には、歯列矯正治療は大変お勧めです。


★かみ合わせの改善

大人の歯列矯正治療といのは、外見の変化が大きな目的で利点ですが、実際には、もっと重要なことがあります。 それが「かみ合わせの改善」です。
良いかみ合わせを「正常咬合 (せいじょうこうごう)」、悪いかみ合わせを「不正咬合 (ふせいこうごう)」と言います。
不正咬合を改善しないと頭痛、肩こり、腰痛、膝痛など全身のいろいろなところに影響があると言われています。
また歯ならびが良くなると、今までは歯ブラシが届かなかったところまで、歯みがきができるようになり、むし歯や歯周病の予防が容易になります。
さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになり、消化や吸収を助け、内面からも健康になります。


★成人矯正のメリット

自己管理ができる
子供が歯列矯正をするのと違がって、ご自身が決めて説明を受け納得し、歯列矯正治療を開始するので最後まできちんと続ける方がほとんどです。
歯列矯正中は、いつも以上に歯みがきを丁寧にしなくてはなりません。
大人なら歯周病やむし歯にならないよう、自身でケアできます。


治療計画が立てやすい
成長期の治療に比べると歯の移動速度は遅いので、一般的に成人期の治療の方が少し長引くことがありますが、その反面、成人の治療は成長発育がほとんどないため歯列矯正治療計画を立てやすいという利点があります。


★成人矯正のデメリット

・成人矯正の場合、通常矯正よりも期間が長くなる。
・歯を失っている場合や歯ぐきの状態により、治療計画がお子様とは違うアプローチが必要なことがある。




│   TOP   │   HOME   │